上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
s本日はいつもと少し趣向を変えて懐かしいものを。

先日、お店で見つけて勢いで買った品です。
番組の方は半分くらいまでは観てたんですが、コイツが出てくる頃は見てなかったような…
ダメじゃん。
それではどーぞ。

as1

as2

as3
めちゃくちゃ、おもちゃっぽいです。

中の人は腹筋以外はつるつるなので。
でも、腹筋って胸パーツつけると隠れるんですよね…

顔は相変わらず、瞳が死んでます。

as4

as5

変身!!


as6

as7
まずはバーニングフォームから。

マッシブな感じがイカすナイスガイです。
個人的にはこっちの方が好きなんですが…

as8
胸パーツを被せるように装着するので、腕がほとんど上がりません。

胸パーツの造形はそのおかげでそこそこ劇中のものに近くなってるんですが、アクションフィギュアとしては致命的ですね。

as9
シャイニングキャリバー。
一応、エマージュモードですが…見えないですね。

as10
せめて、腕がもう少し上がればなぁ。

as11

as12
続いて、シャイニングフォーム。
アギトの最強形態ですね。

as13
こちらは肩が別パーツなので、特に可動に問題点はないです。

as14
やはり双剣は逆手持ちがデフォですね。

as15
同じような武器持ってる繋がりで。

スタイルを批判される事が多い装着変身ですが、こうやってみると、ちゃんと進化してるんですよねー。

次のブラック・RXはかなりアレですが

as16
装着変身アギト シャイニングフォームでしたー。

ちなみに、付属のスタンドにシャイニングカリバーをディスプレイできます。
これでシャイニングカリバーを失くさずにすみますね。

装着変身をスタンドで飾る機会はめったにありませんが。


えー、結構厳しいこと言ったような気がしますが、個人的には結構気に入ってます。
バーニングフォームのマッシブさ、シャイニングフォームの最強形態であるが故の存在感。
どちらもいいものですよー。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
たしかににてる
2007/08/18(土) 15:02 | URL | jるy6う #GpToJ8Tk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otaudo.blog63.fc2.com/tb.php/236-d064846d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。