上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tsurugi
カブトの感想は普段読むばかりだったんですが、今日の放送は…
感想を書きたくなったので、書いてみました。

■神代剣という男
初登場の回がアレだったので、正直あんまり好きじゃなかったんですが…
変身しても、ガダックの登場後はカブト=ガタック>>>その他のライダーみたいな感じであまり活躍もせず。

ネタキャラとしては、輝いていましたが、個人的にはカブトのギャグ部分はたまに「もーこの流れはいいわー」と思うことがあったので、くどいと思う時もありました。
あくまで、そう思う事があった。というだけで、基本的にはおもしろかったと思いますし、剣というキャラは好きでした(理由は後述)。

しかし、剣にはその他のライダーとは明らかに違う部分がありました。

彼自身が彼の憎むワームであったこと。

■約束されていた悲劇
彼自身が彼の憎むワームであったこと。
その時点で、彼の結末は誰にでも予想できたことです。
ならば、それをどのように描くのか。
自分がカブトを観続けた理由の1つとして、このテーマがありました。

■「全てのワームは俺が倒す!」
彼の偉大なところは登場から、最後までこの信念を貫き通したことでしょう。
これは天道にすらできなかったことです。

天道の場合はひよりという存在がいた。という理由があったものの、「全てのワームを倒す」という信念を曲げたことには違いありません。
まぁ、信念を曲げれなかった故に彼は倒れたわけですが、その姿勢・信念を貫く姿は決してネタキャラではない、漢としてのそれがありました。

■「思い出せ、俺との約束を!」
そして、剣の最期。

彼はワームの力に飲み込まれず、人間の味方にもならず、あくまで「全てのワームを倒す」という信念を持った神代剣として、散っていきました。

彼の最期の安らかな顔。
それが、彼が彼として生きれた証拠でしょう。

自分の本質が変わろうとも、信念を貫き通し、信念によって死んだ漢。
愚かな生き方かもしれません。

しかし、それこそが彼のノブレス・オブリュージュなのだと思います。


■蛇足
坊ちゃんの死んだ後ですが、あの兄弟のシーンを入れるくらいなら、加賀美のシーンを入れて欲しかったな。と。
加賀美はぼっちゃんにとっての唯一の友人なんですから。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otaudo.blog63.fc2.com/tb.php/383-4611bcba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。