FC2ブログ
まぁ、劇中では6月なんですけどねー。
それではどーぞ。

132-1
超が逃げたのはやはり、未来でした。
セリフから察するに超に魔力は無い。って事でいいのかな?

132-2
プロフィールが正しいのなら未来人という説は間違いとなるんですが…
コレはあくまでこの時代で生活するためのものとするなら、この限りではないですね。

132-3
そういう問題じゃないんですが…
でもネギの優しさがよく分かるコマですね。
個人的にはこういう子ども好きです。

132-4
療養しなければならない事態に陥った時期が、ガトウの死やナギが行方不明になった時期、明日菜が日本に来た時期に近いという事はやはり関係があるんでしょうね。

132-5
古菲の左手に注目。
折れてると見せかけてる手を普通に動かすのはどうかと。
まぁ、古菲だから仕方ないか。
そんな細かいトコまで気を使えないでしょう。

132-6
この時点ですでにネギは超が退学する気である事は知っているので、超が現れたって事を聞いて驚いているんでしょうね。

132-7
超の故郷ってのは一体ドコにあるんでしょうね?
世界樹の魔力を使用しなければ行けない場所。
とするとやはり未来かなぁ。
魔法使い1人の魔力じゃ、1日が限界でも世界樹の魔力を利用すれば相当な時間を跳躍できそうですし。

132-8
超・ハカセ・茶々丸の元に現れるエヴァ。
エヴァのセリフや超の目的、ネギのメール等気になる点はあるんですが、そんな事よりも
エヴァの服装がまんま魔法少女な事の方が気になったり。
そういうワケで132時間目の感想でした。

最後に今週のお気に入りの1コマ。
132-9
先週の様ないいんちょもいいんですが、どこか抜けてるいいんちょもいいですね。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otaudo.blog63.fc2.com/tb.php/43-d2a3e491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック