上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
knコトブキヤのKanonシリーズ第二弾は「ふぁいとだよ」こと水瀬名雪です。

『幼馴染は完璧超人』の法則にもれず、完璧超人な名雪さん。
しかし、朝には致命的に弱い。

だが、それがいいッ!!

朝?、朝だよ?
それではどーぞ。

kn1
箱の横には雪うさぎ。
あゆの時はたい焼きでしたね。

こういう事されると、箱が捨てれなくなるんだよなぁ(褒め言葉

kn5

kn2

kn3
kn4
名雪も京アニ基準の立体化になってます。

特に気になる店もなく、丁寧に作られているかと。
頬の///は人によっては気になるかもしれませんが。

自分的には全く問題なしです。

kn6
この状態だと、胸は隠れてよく見えません。
が、立派なものを持ってる事は分かります。

kn7

kn8

ムチムチ太もも、絶対領域入りましたーーーーっっ!!

これはとてもいい絶対領域ですね…

ん?

kn9
制服の隙間から、制服の白ラインとは明らかに違う白いものがッ!!

絶対領域とチラリズムの核融合や?

ちょっとわからなくなった…

kn10
小物にももちろん、手抜きは無し。
しっかり作られてます。

kn11
ちなみに、制服の白いのは外れます。

ですが、これは個人的には不要なギミック。
制服の下にある夢を想ってナンボのもんじゃい!
だと思うので。

でも、絵(二次元)では見えない部分も再現してこそのフィギュア(三次元化)という意味では、これが正しいのかも。

完全に個人的なボヤきです。

kn12
kn13
kn14
写真は撮りますけどね。

kn15
ベースはあゆとは微妙に違いますが、商店街かどこかの道をイメージしたものになってます。

何度も言いますが、ベースも商品。というのを意識したベースは大好きです。

kn16
初回特典の雪うさぎ。
頭に乗せてみました。

kn17
名雪でした。

ぶっちゃけ、地味ですねー(ぉ
同じ日に発売されたまーりゃん先輩のインパクトが強すぎってのもあるんでしょうけど。

確かにポーズ等は地味なんですが、その分丁寧に作られているので、作品が好きな人にとっては満足できると思います。

そして、絶対領域とチラリズムが好きな人にもオススメです。
角度を替えて、ようやくギリギリ見える。

これぞ、最強のチラリズムッ!!





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otaudo.blog63.fc2.com/tb.php/435-c6237273
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。