上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rm今年初のBB戦士です。

…もう5月も半分以上過ぎてるんですが。
手が遅いにも程がある。
まぁ、その間、積みが増えてないのはまだマシかなぁ。
他の積みプラは増えてるから一緒か。

何はともあれ、これで烈伝はコンプ。
大鋼は…もとは七超ですし(ぇー
それではどーぞ。

rm1
rm2

rm3
顔がちょっとブサイクかなー。といった感じですね。
今回も目と左肩以外は全て塗装してあります。

BB戦士は塗るトコが基本的に多いですが、今回は本当にしんどかった…
黒(下地)に赤はもうやだななぁ…

軽装状態ですと、可動もそこそこ。

rm4
紅蓮の鎧。
鎧なんてもんはどうせ装着状態で飾るんだから、こういうギミックは個人的にはいらないですが、烈火武者に関してはあってよかったです。

rm5
rm6
鎧をつけると、やはり見違えますね。
軽装状態がダメとかではなく、存在感というか…

『武者頑駄無』って感じです。
や、武者頑駄無ですが。

rm7
烈火刀。

rm8
閃攻の薙刀。

rm9
新タネガシマ。
武装に関しては、基本的な物が揃ってます。
武芸百般に優れる武者頑駄無。ってヤツですね。

rm10
光の七人衆、勢揃い。
こうして並べると、感慨深いですね。
斎胡とか作ったのいつだよ?って感じですが。

以下、他のキットとの連動です。

rm11

rm12
烈丸に入っている、武化舞可。『ごう』って変換できないのね。

rm13

rm14
紅蓮の鎧は農丸、烈丸も装着可能。
影武者の方が目立ってるのは、敵をひきつけるため。です。

rm15

rm16
武化舞可全て装着。
烈丸のそれとは存在感が段違いですね。
この状態を再現するためだったと思えば、今までの苦労なんて、何でもないです。

ちなみに、白くは塗りません。
この状態でも飾っていたいので。
もっと簡単に入手できるようになれば、やるかもしれませんが。

別に、斎胡に入ってたパーツを失くしたから。とかではないです。

rm17
烈火武者頑駄無でした。

まずは、新シリーズが開始する前に完成できてよかったです。
こっちほったらかして、次に行くのもアレですし。

キットに関しては、満足はしているんですが、所々気になるところもあったり。
レビューでも書いた、顔もそうですが、鎧の肩部分が個人的に凄く取り回しづらかったです。

ま、そんなのは些細な問題ですが。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otaudo.blog63.fc2.com/tb.php/516-33b3c16d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。