上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
unまさか2007年内に立体化されるとは。
されるとは思ってましたが、映像化と同時期、またはしばらく経ってからだと思ってました。

そんな自分はまだ2巻の半分くらいしか読んでないです。
中々まとまった時間が取れないもんで。
それではどーぞ。

un1
un2
デカール貼らないと本当に真っ白です。ユニコーンモード時のイメージ的にはそっちの方が良いですが。
だいたいデカール貼るのに5時間ほどかかってます。

un3
武器はビーム・マグナム、専用シールド

un4

un5
ハイパーバズーカ。ちなみに砲身が伸びます。

un6
ビーム・マグナムのエネルギーパック、ハイパーバズーカのマガジンは腰の後ろにマウントできます。

un7
un8
un9
ハイパーバズーカ、ビーム・マグナム、専用シールドはバックパックにマウント可能。

un10
そして、ビームサーベルの刃が2本付属。

un11

un12
un13

un14
変身しま?す
un15
un16
un17
デストロイモード。装甲の間から見えるクリアパーツが本当にキレイです。
このせいで完成まで時間が余分にかかってます。途中で変形させてしまうので。
専用シールドのみデストロイモードに合わせて変形します。

un18
un19
un20
un21
変形機構のせいか、これの前に作ったMGがザク?Ver.2.0だからか、随分動かない印象です。
特に、足が。膝は少し酷いかも。デストロイモードの時は足首は大分マシですが。

動かしてると、パーツがユニコーンモードに戻るのもちょいとマイナス。
ふくらはぎとか腰の後ろの部分が動かそうとすると元に戻ってしまいます。

un22
MGユニコーンでした。

可動についてはお世辞にも良いとは言えませんが、ユニコーンモードからデストロイモードに変身する時に顔の一部パーツを差し替えなければいけない以外は完全変形な点と、デストロイモードの存在感を考えれば、それも些細な問題かと。

角が折れ易いので、取り扱いに注意。です。
自分は可動角を折りました。もう可動角じゃないです…





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://otaudo.blog63.fc2.com/tb.php/710-91c9c7e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。